以前こちらの記事で「取っ掛かりが欲しい人は学校に通った方がいい」という話をしたと思います。

なぜかと言うと、家庭や別の仕事を抱えながらWEBの勉強を並行して行うのが難しい、また、今の時代だとHTMLやCSS以外にも覚えなければいけないことがたくさんあり、独学だとそれなりの労力と時間が掛かってしまうからです。

「転職はしたいけど、何ヶ月・何年も時間をかけたくない」というのは、みなさん同じ気持ちだと思います。
しかし、クリエイター・技術職を目指している以上、スキルアップは避けては通れない道です。

もちろん学校に通うには多少なりとも費用はかかってしまいますが、昔に比べて色々なWEBスクールも増えてきて、社会人のために時間の融通がきく学校やそこまで費用をかけずに受講できるコースなども出てきました。
また、最近のWEBスクールは転職サポートまで対応してくれています。業界のことやスキル周りを知り尽くした専門のメンターが自分に合う企業も紹介してくれるので、そこらへんの転職サービスやエージェントよりもフォロー体制がしっかりしています。
さらに、有名なIT・クリエイティブ企業が運営しているWEBスクールなどもあるので、運が良ければそのまま入社なんてことも十分あり得ます。

もう一つおまけで話しておくと、どこのWEBスクールも転職サポートまで見ているということは、そのうちWEBスクール同士で転職率アップの競争が始まります。
そうなってくると考えられるのは、年齢制限の引き下げです。当然どこのWEBスクールも転職率の高さを売りにしたいので、30歳未満の転職しやすそうな生徒だけを囲い始める確率は高いでしょう。というか、すでに年齢制限を設けている学校も出始めてきています。
なので、まさに「通うなら今!」という状況にもなりつつあります。

中々取っ掛かりがつかめず勉強が進まない人、一度諦めかけてしまった人も、話を聞くだけなら無料なので資料請求や説明会などに足を運んでみてください。

学校を選ぶポイント

学校選びは一番迷ったり、慎重になるポイントでしょう。
それなりに費用を払って「得るものが無かった」なんてことは避けたいです。

まず押さえておきたいポイントは、質問や相談ができる環境にあるかということでしょう。
学校に通うメリットは、実際の現場で働いているプロとコミュニケーションが取れるというところです。
動画学習だけでも身につくものはありますし値段は確かに安くなりますが、現場で働いている人とコミュニケーションを取れるというだけでも、WEB業界への考え方やスキルの上達の仕方がだいぶ変わってきます。

また、受講できるスキルの範囲などもポイントです。
HTMLとCSSだけだと意味がないので、jQueryやデザインなども学べるとポートフォリオ作りなどに役立てられます。卒業制作でポートフォリオを作る学校もあるので、そのようなカリキュラムが選べる学校がいいでしょう。

スポンサードサーチ

おすすめの学校

そう言ったところも含めてまず紹介したいのが、LIGさんとデジハリさんが運営している「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」です。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG


何と言ってもこちらの学校は、WEB業界にいて知らない人はいないあのLIGさんが実際に運営しているということもあって、講義のクオリティはまず安心していいでしょう。
社会人に嬉しい夜間や休日コースもあり、さらに講義では実際にLIGで働いているクリエイター陣が教えてくれるので、メンターとのコミュニケーションという点も全く心配しなくていいでしょう。満足いく講義内容になっていると思います。

Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

また夜間・休日もあり、コースの充実度という点からオススメしたいのが「テックエキスパート」です。

テックエキスパート


こちらは、本格的なデザインからコーディング・フロントエンドまでカバーしていますので、ポートフォリオ作りなどに困ることもないでしょう。また、全てを一人でできる人材に育てることをテーマにしているようで、フリーランスコースなどもあるようです。
そして何といっても、充実した自習スペースなどもあり、勉強するにはもってこいの環境が揃っています。

デザインで自分らしい人生を手に入れる。【TECH::CAMPデザイナーコース】

上記いずれも講義期間は中長期とそれなりに長くなってしまうのですが、期間がネックになってしまう人は1ヶ月〜選べる学校もあります。
それがDMMさんが運営している「DMM WebCamp」です。

DMM WebCamp


こちらは受講期間を1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月とそれぞれ選べることができ、短い期間にもかかわらずメンターとのコミュニケーションはとても濃いです。
またこちらのサイトで卒業生のポートフォリオサイトを見れますが、この短期間でかなりクオリティの高い成果物をアウトプット出来ています。そこまで時間をかけられないという方にはドンピシャのコースでは無いでしょうか。

Webスキルを習得!プログラミングスクール【DMM WEBCAMP】

最後に紹介したいのが、こちらの「テックアカデミー」というWEBスクールです。

テックアカデミー


こちらは期間も長く設定できない、さらに通うのも厳しいといった方におすすめの学校です。授業は動画形式ですが、メンターとは画面越しでコミュニケーションが取れます。
また、一つのコースというよりは、色んなコースがそれなりに安い値段で受講できるというのがおすすめなポイントです。
ウェブデザイン&WordPressコースなんてまさに転職するためにドンピシャで必要なコースなので、時間も通いも厳しい方はこちらの学校もおすすめしたいと思います。

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】

人によってハマる、ハマらない学校はあると思いますが、上記4つの学校をそれぞれ項目ごとに比較して見ていきたいと思います。

対面/動画 夜間/休日コース 転職サポート メンターに質問できる マンツーマン コースの充実度 期間 費用
LIG 対面※1 6ヶ月〜 450,000円(分割可)
テックエキスパート 対面※2 短期集中コース:10週間
夜間コース:6ヶ月〜
短期集中コース:598,000円
夜間コース:798,000円
DMM WebCamp 対面 1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月 1ヶ月:128,000円
2ヶ月:218,000円
3ヶ月:298,000円
テックアカデミー 動画 × 4週間、8週間、12週間、16週間 4週間:139,000円
8週間:189,000円
12週間:239,000円
16週間:289,000円

※1:オンラインで復習できる講座などもあります。
※2:講義はメンターに質問しながらできる自習形式の講義です。

今回紹介した学校は、それぞれの状況別にどれも充実度の高い学校を紹介させていただきました。
そのためとても人気が高く、すぐに定員が埋まってしまう可能性があります。

大事なことなのでもう一度言いますが、本当に人気の学校ばかりです。

スタートラインにすら立てたなかったということにならないためにも、興味のある方も今はまだ無い方も、なるべく早めに資料請求や説明会に参加して欲しいと思います。

Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

デザインで自分らしい人生を手に入れる。【TECH::CAMPデザイナーコース】

Webスキルを習得!プログラミングスクール【DMM WEBCAMP】

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】