未経験で30代でもコーダー・フロントエンドエンジニアに転職できる|イソガバマワレ

当サイトでは、未経験・30代からWEB業界にコーダー・フロントエンドエンジニアとして転職できる可能性はあるのか、ということについて解説しています。

かくゆう私も、全くの未経験から独学でWEBの勉強をしてこの業界に入りました。
転職を決意した時は何から始めて良いか分からず、あっちを勉強してはやめ、こっちも・・・と、かれこれ一年ぐらい別の仕事をしながら勉強や転職活動をしてました。
当時は「デザイナーは美大、エンジニアは理系出身以外は転職できない」といった声を聞いては落ち込んでいましたし、その度に「やっぱり別の仕事探そうかな・・・、いや絶対入ってやる!」と、逆にそれがモチベーションにもつながりました。

未経験からの転職、というのを経験したからこそ「未経験や30代だからといって決して転職を諦めることはない」ということを声を大にしてお話させてください。
実際に私もそうですが、未経験の方や30代からこの業界に入ってきて成功されている方もたくさん見てきましたし、また、企業は必ずしも経験値や年齢で判断している訳ではありません。

では企業は何を見ているのか。

・・・というのはあとの方でお話するとして、実際に未経験や30代でこの業界に入ってくる人は本当にたくさんいます
ただし、もちろんそう簡単に転職できる訳ではありません。どういった人材がこれから先求められるのかという理解と、転職を成功させるしっかりとした準備が必要です。

それらをしっかりと理解して準備すれば、未経験・30代でもWEB業界への転職は決して難しくないでしょう。

未経験・30代でもWEB業界に転職できる可能性は?

冒頭でもお話しましたが、実際に未経験や30代でこの業界に入ってくる人は本当にたくさんいます。
「そうは言っても、全体の1割もいないんでしょ?」と思われているかもしれませんが、昔と比べてここ最近の採用の間口も広くなっています。

理由としては、コーダー・フロントエンドエンジニアが売り手市場で業界全体で人手不足が進んでいるからです。昔のように、経験者だけを採用していたら会社も回していけない状況にきています。 もう一つは、昔に比べて色んな働き方が増えてきた、というのも理由かもしれません。主には、フリーランスやリモートワークなど色んな働き方が増えたことによって、転職市場が温まってきて人の入れ替わりはとても激しくなったように思えます。

私がいた会社でも「本当に人が取れねえ(泣笑)」と、採用担当が嘆いていたほどです。未経験の人でもやる気がある人はどんどん取っていこうと業界全体で考え方がシフトしてきています。

実際のところ、何歳までWEB業界に転職できるのか

そうは言っても、実際のところ何歳ぐらいまでならWEB業界に転職できるのかは気になるところです。

20代半ばぐらいまでの人、つまり第2新卒ぐらいまでの人なら昔と変わらず、迷うことなく今すぐ転職に踏み切ってもいいでしょう。
未経験者採用をしている企業が一番求めてるのは恐らくこの層の人たちで、時間をかけてでも育てていきたい・今後会社を担う人たちに育っていってほしいと思っています。

そして気になるのは、20代後半〜30代前半、また30代後半の人たちでしょう。

まず、20代後半〜30代前半の人たちですが、昔と比べて採用される数が増えてきています。
というのも上で話したように、20代前半の人たちはやっぱりどこの企業も欲しがりますし、少子高齢化が進んでいるというのも後押ししてどこの企業でも若手不足です。
上で話した層の人たちを大手の会社が奪い合っているというのもあり、中小の会社は20代後半〜30代前半の人たちもターゲットに入れて動いています。
そういった背景もあり、ここの層の人たちも昔と違って今は迷わず転職に踏み切ってもいいでしょう。というか、今このチャンスを逃す手はありません

そして、30代後半の人たちにも可能性は広がっています。もちろん、上で話した層の人たちに比べるとハードルは上がりますが、スキル以外でカバーしたり条件面を多少落としさえすれば転職できる可能性はまだまだあると思います。

未経験という壁をどう乗り越えるか

では未経験の壁をどうやって乗り越えていけばいいのでしょうか。

「スキルがどのぐらいあれば入れるの?」と思っている方も多いと思いますが、そもそも企業が未経験者を採る場合、スキル以外の部分を重点的に見ています。もちろんスキルも多少は見ますが、多少スキルがあったところで未経験は未経験のままでしか無いということです。 私はテクニカル面の採用を見ていたこともありますが、ポートフォリオがかっこいいとか色んな言語が書けるとか、そんなところはほとんど気にしていなかったです。

では何を見ているのかというと、一番は「一緒に働いていけそうか」「会社のビジョンや文化とマッチしているか」というところを見ています。 どんなにプログラミングの素質があろうと、「この人とは一緒に働きたく無いな」と思われてしまったらそこで不採用にされてしまいますし、技術はそこまでなくとも熱意やこうなりたいという明確なビジョンを持っている人であれば企業は年齢やスキルなど関係なく採用してくれます。

そのため、どれぐらいこの会社に入りたいのかというのを伝えるために、しっかりとした準備が必要なのです。

まとめポイント
  • 業界全体で人手不足が進み、未経験者でもやる気がある人はドンドン採用されるようになった。
  • 20代後半〜30代前半の人たちは昔に比べて採用される数が増えてきた。今は迷わず転職に踏み切っても問題ない。
  • 30代後半の人たちもスキル以外でカバーすれば可能性はまだまだある。
  • 企業は年齢や経験値だけでなく「一緒に働いていけそうか」というのをみているので、しっかりとした準備が必要。

未経験でも募集している会社は実際どのくらい?

未経験や30代でも転職できる可能性があるというのがわかったところで、実際に未経験者を募集している会社がどれぐらいあるのかというのを見ていきたいと思います。

とある求人サイトで「東京都23区」「WEBデザイナー、HTMLコーダー」で絞ってみると、総数は以下のようになります。

ここで「実務経験不問」のオプションを追加して再度絞ってみると、

約4割の求人が未経験者でも募集していることがわかります。
「いやいや、どうせブラックな会社ばっかりなんでしょ」と思われた方もいるかもしれませんが、実際に絞られた求人をみてもそれなりに聞いたことがある(特に問題なさそうな)会社もちらほらいたりします。(こう見てみると、本当にどこも人手不足なんだな〜)

一つの求人サービスでこれだけの求人があるので、他の求人サービスや転職エージェント経由なども入れると未経験可の母数自体はもっと上がると思います。しかも、この数は今後ももっと増えてくると思います。

なので、未経験だからといって悲観的になる必要は全く無いですし、諦めずに挑戦してほしいと思います。

WEB業界の気になる労働時間の話

未経験・30代で年収相場はいくら?

採用されるために必要なスキルとは

先ほど「スキルはほとんど見ていない」という話をしましたが、最低限これぐらいは出来てほしい・知っておいてほしいというのはもちろんあります。

以前は最低限のHTMLCSSが書ければあとは入れば何とかなる程度でしたが、フロントエンド界隈の最近の技術の進歩が激しく、それ以外にもJavaScriptでの実装やフロント開発環境の構築など多岐に渡ります。 年齢や経験値で転職を諦める必要はありませんが、こういったスキルの部分では入った後も常につきまとってくる部分なので諦めずに挑戦してみて下さい。

ここでは、
・どんな言語が書けなくてはいけないのか
・どれくらい書けないといけないのか
・採用されるレベルに達するまでの総勉強時間

を中心にお話ししていきます。

まず、最低限書けるようになっておかなければいけないのがHTMLCSSです。
そして、ネイティブのJavaScriptとまではいかなくてもjQueryで一通りのサイトやサービスに使われているようなUIパーツを作ることが出来るようになっておいた方がいいでしょう。
これら3つは最低でも書けるようにしておいて下さい。

そして、「どのぐらい書けなければいけないのか」というのを一つづつお話ししていきます。

HTML

まず、HTMLはHTML5(バージョン)でサイトが構築できるようになりましょう。
具体的にいうと、それぞれのタグがどういった意味(コンテンツの種類)を持っていて、どうゆう場面で使われるのか、というところは面接の場でも良く質問されます。全てのタグを網羅する必要はありませんが、7割ぐらいのタグは理解しておいた方がいいでしょう。
また、この要素の中にはこの要素は置いてはいけないというルールも存在するので、そういった部分も理解しておきましょう。
※それぞれのタグの理解や使い方はほんっとにはじめての HTML5 と CSS3が参考になります。

CSS

CSSに関しても、どのプロパティ(background-colorなど)がどうゆう装飾が出来て、ブラウザ毎にどのような挙動をするか、と言った理解が必要です。この部分に関しては、実際に書いて作ってみてからでないと中々理解しづらい部分でもあるので、自分でUIパーツなどを作ってみて色々なブラウザで違いを見てみるといいでしょう。can i useというサービスでもそれぞれのブラウザでの挙動の違いが見れます。
今現在の主要なバージョンはCSS3になりますが、CSS4で新しく追加されるプロパティなども理解しておくと、なおいいと思います。

また、CSSについて厄介なのが設計思想というものです。
設計思想とはOOCSS(オー・オー・シーエスエス)やBEM(ベム)と言った、破綻しにくいCSSを設計するための手法みたいなものです。
こちらの記事で詳しく書かれているので一度見てみるといいかもしれません。最初は「なんだこりゃ」と思うかもしれませんが、真似して書いてみると自然と身についてくると思います。

JavaScript

最後にJavaScriptですが、最近はjQuery(JavaScriptのプラグイン、JavaScriptの機能が簡素に書けるもの)を使わずに生のJavaScriptで書くのが主流になりつつあります。とはいえ、実際の広告の現場などではまだまだjQueryが使われているのでこちらを先に書けるようになっておいた方がいいしょう。さらに言うと、JavaScriptも最近は1年毎にバージョンが上がるようになって、初学者の場合だと余計分かりづらくなってしまっています。挫折しないためという意味も含めて、jQueryから始めた方がいいでしょう。

ではどのぐらい書ければいいのかと言うお話ですが、タブやモーダル、スライダーなどのUIパーツをプラグインなどを使わずに一通り作成できるか、またアレンジを効かしてカスタマイズ出来るかと言うのが目安になってきます。もちろん最初は誰かが書いたソースなどを真似るところから始めまりますが、ゆくゆくはまっさらな状態から書けるようになりましょう。
ソースなどはドットインストールなどを参考にしてみるといいかもしれません。

それぞれHTML・CSS・JavaScriptを採用レベルで書けるようになるまでの総勉強時間ですが、大体以下を目安にしてもらえるといいでしょう。もちろん人によって差は出てくると思います。

  • HTML: 約50〜60時間
  • CSS: 約50〜70時間
  • JavaScript: 約80〜100時間

大体このぐらいの時間がそれぞれの技術習得に掛かってくると思います。ただし、やっぱり一番早い習得方法は参考書をいつまでも眺めているだけじゃなく、これが作りたいというものをイメージして実際に作ってみることです。そうゆうものをイメージしながら書いていくと、最初は「何が分からないか分からない状態」から、次第にこれが知りたいというのが分かってきて、次に何を調べればいいのかというのが分かってきます。
勉強法については以下の記事で詳しく書いているので見てみてください。

勉強を諦めかけた人のための勉強法

まとめポイント
  • 採用されるためには、HTML・CSS・jQueryは最低限書けるようにしておく。
  • HTMLはHTML5でサイトが構築できるように。7割ぐらいのタグの理解やどのような場面で使うかなども知っておくといい。
  • CSSはそれぞれのプロパティの意味やブラウザごとの挙動を理解しておく。また、設計思想なども理解しておいた方がいい。
  • JavaScriptは生のJavaScriptではなくjQueryから書いてみる。jQueryは実際にUIパーツなどを作ってみて、ゆくゆくはまっさらな状態から書けるようにしておく。

学校に通う、資格を取る必要はあるのか

先程は採用されるために必要なスキルレベルの話をしました。
続いて、そう言ったスキルを得るためには学校に通わないと難しいのか、また採用されるためには資格などは必要なのかということについて話していきます。

まずはじめに、先程言ったようなスキルは学校に行かないと技術の習得は難しいのか。
・・・という話の前に、企業はそういったWEBのスクールに通っていたかどうかをみているのかという話を先にしておきます。

結論から言うと、年齢や経験値と同様にその辺りは特にみていません。学校に通っていようがいまいが、出来る人は出来るし、出来ない人は出来ないと言うのを企業はちゃんと分かっています。
ではなぜそういった学校が流行っているのかと言うと、やはり家庭や別の仕事を抱えながらWEBの勉強を並行して行うのが難しいからです。みんな何かしらの取っ掛かりが欲しくてそういった学校に通っています。

そのためこの議題への解答としては、取っ掛かりが必要な人は学校に通った方がいいとお答えしておきます。
「自分は自分で取っ掛かりを見つけられるから大丈夫」と思った方、実際やってみると分かりますが、家庭や他の仕事をしながらWEBの勉強をしていくのは想像以上に大変です。さらに、今の時代だとHTMLやCSS以外にも覚えなければいけないことが山盛りです。
一度参考書を手に取って自分で勉強してみてからでも遅くはありませんが、挫折しては元も子もないのでそうなる前に学校に通うことも一度検討してみてもいいかもしれません。

学校選びのポイントとおすすめの学校を比較

面接で有利になる資格

学校の場合と同じく、資格を取ると面接で有利になるのか、という話をしていきます。

結論から言うと、資格に関しても企業はほとんど見ていません。また、ほとんどの資格が実際の現場では役に立ちません。技術の移り変わりの激しい業界と言うのもあり、資格を取ったとしても半年・1年後には廃れてるということもあるからです。

ただし、「HTML5プロフェッショナル認定試験」だけは別です。こちらは内容もしっかりしていて、勉強するだけでもかなり実力はつきます。実際難しいです・・・。

内容は、HTML5・CSS3・JavaScriptまでだいたい網羅していて、さらにはアニメーションやセキュリティなどもカバーしています。レベル1・2とありますが、2まで取れたらすごいです。

絶対採用される!とまでは言い切れませんが、ちゃんとした技術を持っている現場の技術者はわかってくれると思うので、この資格だったら受けてみる価値はあるかもしれません。

まとめポイント
  • 企業は面接の際、学校に通っていたか・資格を持っているかなどは特にみていない。
  • 勉強の取っ掛かりが必要な人は学校に通うという選択肢も考えてみよう。
  • 「HTML5プロフェッショナル認定試験」は勉強するだけでも実力がつくので受けたほうがいい。

転職活動で準備した方がいいもの

最後に、「採用されるために準備した方がいいもの」についてお話していきます。

実際の面接の現場では、未経験者に高いスキルをそこまで求めていません。しかし、応募者の熱意を計るという部分も見ているため、しっかりと準備をしてこの面接に臨んでいるかというところを見ています。

自己PRや志望動機はもちろんですが、書類選考で落とされないためにも「ポートフォリオ」「制作物のソース」「技術系記事」は最低でも用意しておいた方がいいでしょう。

具体的にどんなポートフォリオを作ればいいのかというのは下の方でお話するとして、
「制作物のソース」は実際に作ったものをGithubなどにアップして向こうの技術担当者に見てもらうといいでしょう。品質はそこまで問われません。
向こうが見たいのは、今現在のレベルとちゃんと勉強をして準備をしてきているかです。それが、「入社後もちゃんと成長してくれそうだな」という印象につながります。
また、技術系記事の執筆も「どうゆうことを考えて作っているのか」「どんな技術に興味があるのか」というのを知ってもらうためにも用意した方がいいでしょう。

採用してもらうための判断材料を一つでも増やすために、なるべく多くのソース・記事を作っておくと「おっ、他の応募者とは違うな」と思ってもらえます。
Githubって何?という方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

どんなポートフォリオを作ればいいのか

ポートフォリオに関しては、実際一番見られるものになってくるのでもっとも注力して作っていきたいものです。とはいえ、何ヶ月もかけて作るというものでもないので、自己紹介もかねて今自分が持っているものを全て乗っける形で作っていきましょう。

こちらのサイトに良いポートフォリオサイトがまとめられているので構成などを参考にしてみてください。

一番重要な部分は、作品紹介の中に「使った技術」「掛かった時間」を載せることです。
企業側は「今どんなことができて、それがどのくらいの時間でできるか」ということを知りたいため、実際の面接の場でも聞いてきます。それらを知ってもらうため、また面接の場でも答えられるようにするために作品紹介に載せておくといいでしょう。

まとめポイント
  • 企業は応募者の熱意を見るために、しっかりと準備をして面接に臨んでいるかをみている。
  • 採用されるために「ポートフォリオ」「制作物のソース」「技術系記事」は用意しておく。
  • ポートフォリオは一番みられるものなので、もっとも注力して作る。作品紹介の中に、「使った技術」や「掛かった時間」を入れておく。

以上で一通り、30代・未経験でもWEB業界にコーダー・フロントエンドエンジニアとして転職できる可能性とどうすれば転職できるのか、ということについてお話させていただきました。
本当に転職できるかは皆さんのこれからの努力次第ですが、WEBの未来は今よりもっと技術が進歩して明るいはずです!WEBの世界でエンジニアとして羽ばたいていけるよう、ぜひ頑張ってみてください。

WEB業界の気になる労働時間の話

未経験・30代で年収相場はいくら?

勉強を諦めかけた人のための勉強法

学校選びのポイントとおすすめの学校を比較